欠かせない英語は進学にも関係あり|効率のイイ!大学受験対策の極み

身に付ける

勉強

世界共通語と言ってもまだまだ英語を話せない人の割合が高いです。このことから英語が身につくようにと、今では色んな取り組みが行われています。特に利用されているのが英会話教室です。

詳しくはコチラ

受験対策の英語

勉強

高校だけでなく大学受験でも英語の問題があります。大学受験は高校受験とは違って難問が多くなりますので、徹底的に学習していく必要が出てきます。学習方法はリスニングと読解があります。

詳しくはコチラ

重視されている

学校

今では英語が重視されていることもあって、小学生から英語が学べるようになっています。子供のうちからだと吸収がはやいので、効果があると言われています。大学受験の勉強では効率を上げる方法が求められています。

詳しくはコチラ

英語の受験対策について

大学受験の英語対策に役立つおすすめの予備校がコチラでランキング形式で紹介されてます。各校のカリキュラムやサポート情報も載ってます。

くつろぎやすい自習室は新宿のこちらにありますよ。カフェスタイルなのでリラックスしながら勉強に集中することができますよ。

大学受験の英語は分野別に攻略しよう

勉強

大学受験で英語はもっとも大事な科目の一つであり、理系・文系を問わず、大学受験に英語を課す大学は多く英語を得意科目にできれば、意中の大学への合格可能性を高めることができます。とはいえ英語が苦手な受験生も多いのは事実ですが、どうすれば得意科目にできるのでしょうか。 大学受験の英語は分野別に攻略することができます。単語と発音は、一度覚えてしまえば得点源になる、地道な努力が最も報われる分野です。文法は決まりごとを覚えるより、文法書の例文を覚えてしまうのが近道で、実はこれは英作文の練習にもなります。大学入試の英作文はほぼ決まった言い回しがほとんどですので、多くの例文を覚えておけば、英作文を解く上での引き出しとなるからです。 長文読解とリスニングは付け焼刃のきかない、実力養成に時間のかかる分野です。長文読解では、英文の構造に着目しましょう。英文では大概結論は一番先に書かれますが、この結論を抑えておけば、文意の理解を大きく誤ることはないでしょう。最後にリスニングですが、大学受験ではそれほど高度な内容を聞かれることはないので、良質な教材を繰り返し聴き、英語の音に慣れることが重要です。

大学受験では英語が一番の鍵となる!

大学受験を考えた場合、センター試験を利用するのか、志望大学の試験を受けるだけで良いのかによって、対策が必要な科目数に違いが出てきます。逆に言うと、志望大学・学部がしっかりと決まらないと、どの教科をどれぐらい勉強すれば良いかがはっきりしません。 唯一の例外は英語です。ほとんどの大学では、大学受験の必須科目として英語が指定されていますし、文系・理系で学ぶべき内容にもほとんど差が認められません。ごく一部の医学系の大学では、入試に医学領域の英語の問題が出題されますが、その場合も特別な文法や構文が出題される訳ではなく、あくまで医学用語が英単語として文章中に現れる程度です。つまり、大学受験を通して常に必要とされるのは英語であり、その学習範囲は理系・文系の違いや学部によって大きく変わることはないのです。 また、分野によって必要とされる公式や考え方が全く異なる数学などと異なり、英語の場合は、単語と文法をしっかりと学ぶことで着実に成績が伸びていきます。問題によって点数が大きく変動することもないので、英語の実力で志望校の合格可能性を判断することも多く、まさに大学受験の鍵となる教科と言えます。

中学受験は名古屋のこちらの塾で対策を行いませんか?効率の良い勉強方法で苦手だった教科も克服できちゃいますよ。